俺はワークトップ・シンクをこうやって選んだ 〜独自視点で選び方を徹底検証〜

各設備

キッチン各設備検討、「ワークトップ・シンク」編。

一体何を選ぶ余地があるのか、と思うかもしれません。実はコストに最も大きく響いてくるのが、ワークトップの選択です。これがシンクにも影響してくるので、まとめて取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

ワークトップの選択

高さ

ワークトップにおいてまず選択の余地があるのが「高さ」です。日本では、80cmか85cmが主流ですが、海外では90cmが主流なこともあり、海外製食洗機を採用すると、最低85cm必要です。

LIXIL:キッチンの上手な選びかた(2) – 基本構成・収納
https://www.lixil.co.jp/lineup/kitchen/hint/system/

我が家は使用メンバーの身長を考慮すると、85-90cmとなるのですが、高い方に合わせて90cmでまとまりました。私としてはありがたい。

材質

そして価格インパクトが大きいのがワークトップの材質です。大きく3つの選択肢があり、予算に余裕があるならばセラミック一択です。素材としては傷もつきにくく汚れにも強く熱にも強く耐久性が高いため申し分ないですし、何より圧倒的な高級感があります。

コストメリットデメリット
セラミック高い高級感があってオシャレ
熱にも傷にも強い
人工大理石普通シンクと一体型にできる熱や液体で変色
水垢が目立ちにくい大きな衝撃で割れる
ステンレス安い水・熱に強く耐久性が高い徐々に光沢がなくなり傷もつきやすい
中性洗剤で汚れが落ち衛生的色が選べない

ただし値段は高いです。三石までに、幅2100・奥行650のI型キッチンで、人工大理石の場合で13.9万円、セラミックにすると26.2万円です。こちらリクシルの定価ですが倍になっています。

ワークトップの面積が大きいほどその価格も上がりますので、アイランドにすると更に大きくなります。幅2000・奥行970のアイランド型キッチンで、人工大理石の場合で32.5万円、セラミックにすると65.1万円です。やはり倍ですね。

セラミックの圧倒的な存在感と高級感に心を奪われていたのですが、値上がりの大きさに怯んで人工大理石にしました。実は人工大理石がセラミックより優れている点は一点あり、これはシンクを継ぎ目がない一体ものにできることです。これは見た目としても美しいですし、間のコーキング材が汚れることもないため、この点は前向きに選択する理由になりました。

人工大理石の継ぎ目の無いシンク



なお、ワークトップは家電を白で統一していることもあり、白が良かったため、金属カラーとなるステンレスは選択肢から除外しました。

スポンサーリンク

水栓の選び方

センサー付きがおすすめ

シンクに設置する水栓は、メーカーの選択肢は限られますが、どの機能を採用するかがポイントになります。

LIXIL;ナビッシュ>バリエーション
https://www.lixil.co.jp/lineup/faucet/navish/variation/

私が重視した機能は、

  • センサー吐水:お肉触った手などで触らずに水を出せる。出しっぱなし(タッチレススイッチ)と手を前に出したときだけ出る(自動センサー)を両方持っているのは最上位機種だけでした。
  • ホース引き出し:シンクの掃除に大切。
  • 浄水器:こちら後述します。

以下実際の使用動画ですが、かざすと自動で水が出てくるというのはかなり便利でした。衛生的でもありますし、節水にもなります。

こちらは実際に設置した自宅の水栓の動画です。タッチレスで水を出せるのは思っていた以上に便利で快適で節水にもなるので、ぜひおすすめです。

浄水器は経済的なのか?

今回浄水器付きを採用したのはコスト面でお得だと考えたからです。LIXILのカタログには以下のような記載があり、リットル2円とは随分やすいですね。

LIXIL:浄水栓の選び方
https://www.lixil.co.jp/lineup/faucet/hint/w_purification.htm

この計算は「カートリッジの定価÷寿命+上下水道料金」という数式で計算しているようなのですが、計算なぞってみたいと思います。

私が選んだA10タイプの水栓の場合、「JF-45N」という型番のカートリッジになります。定価18,000円(税抜)と中々のお値段です。

交換用浄水カートリッジ 17+2物質除去タイプ [JF-45N] 消費税10% - LIXILオンラインショップ
交換用浄水カートリッジ 17+2物質除去タイプ 消費税10%/INAX、サンウエーブの浄水カートリッジ・関連商品を全国にお届けします。毎年のご注文が不要な「定期お届けコース」をご用意。いつでも安心でおいしい水をお届けします。

そして気になる交換頻度ですが、使用期限の12ヶ月もしくは10,000Lに達した場合、という記載が取扱説明書にございます。

https://iinavi.inax.lixil.co.jp/pdf/torikousetsu/gms-1884-15020.pdf

10,000L…というと一体どんな量なのでしょうか?ピンときませんね。

1日1人2L飲み水・料理に使用するお水として浄水を使用したとしても、年間730Lです。4人家族でも10,000L使い切るのはかなり難しそうな気がします。そして上述の「2円/L」という数値は、10,000Lで計算した場合の数値であることがわかります。(18,000×1.1(税金)/10,000L+水道代=約2円)

これはちょっと安く見積もり過ぎなのではないでしょうか。1日2Lすら使っているか怪しいものがあります。現実感持たせるため、2人家族で計算してみたいと思います。

  • カートリッジ「JF-45N」の調達コスト見直し:Amazonで13,000円
  • 年間消費浄水量:2L/日/人 × 365日 × 2人 = 1460L
  • 上下水道代:自宅で発見した料金明細を見ると、29m3・6,615円、19m3・4014円という内容でしたので、ここから算出すると、いずれも0.2円/L

カートリッジ価格 13000円 ÷ 1460L + 0.2円/L = 9.1円/L

10円弱くらいが浄水器を使った場合の現実的なランニングコストだということが見えてきました。LIXILの計算はだいぶ盛っているな・・・と正直思うのですが、それでもペットボトルを買っているよりは遥かに安いですし、ゴミもでません。ウォーターサーバーの価格も調べるとリットル100円は下回らないようで、場所も取りませんので、やはり浄水器は非常に良いと思いました。

交換頻度も1年ということで手間もかかりません。

取り付けが可能か確認

水栓の取り付けは、あまり難しいことはありません。ワークトップに水栓の管が通る穴が所定の径で空いていれば大丈夫です。今回は私はLIXILのシステムキッチンを採用しているわけですが、LIXILの水栓を採用しておけば間違いはないだろうということで工務店と確認し、LIXILの水栓を採用しています。

他のシステムキッチンに組み込む場合、他のメーカーの水栓を組み込む場合は、穴径を確認するようにしましょう。私が購入した水栓は、施工図面にφ37±2mmという記載がありました。

スポンサーリンク

メーカー比較

センサー付、浄水器付という条件で他のメーカーがどんな水栓を出しているか確認しておきます。機能面が充実しているものとしては、上述のLIXIL・ナビッシュか次に載せるパナソニックの二択かなという感じです。

パナソニック

タッチレスセンサー付き、浄水器付きのモデルがございます。
シャワーヘッドもついており、お値段もLIXILと変わらないです。

スリムセンサー水栓 | システムキッチン | 住まいの設備と建材 | Panasonic
Panasonicのシステムキッチン、スリムセンサー水栓のご案内

このあたりの選択は好みになりそうですね。私はLIXILのデザインの方が好きです。

微妙にタッチレスでの挙動の違いはありますが、このあたりは双方触ってみて好みに合うほうが良いかと思います。機能面では双方優秀です。

KVK

LIXILやパナソニックのように、センサーの多様性はないですが、かざすと吐水、もう一度かざすと止水という機能を有する水栓のラインナップがございます。

ただデザインがスッキリしているラインナップの印象です。そして以下のようなL字のデザインは、LIXILやパナソニックにはないものです。

KVK:電子カタログ
http://www.kvk.co.jp/e_catalog/index.html
スポンサーリンク

調達先の検討

敢えてLIXILからシステムキッチンキッチンと一緒に買わなかったのは、他の設備同様、定価よりだいぶ安く自力調達が可能だったからです。

採用したA10モデルは、定価15.9万(税込17.5万)ですが、ECサイトで見ると9万円ほどです。よってこちらも自力調達といたしました。

ECサイトで買うときの注意

私が選定したJF-NA411Sは、価格コム最安は8965,000ほどなのですが、無邪気に最安値のECサイトで買うのは少しリスクがあると思います。以下の部分は確認しておいたほうがいいと思います。

  • 工務店が自力調達したものを組み込んでくれるか:私は事前に確認したところOKでしたが、念の為確認した方が良いです。工務店側から見ると、売上が減ることになるからです。
  • 保証の有無:システムキッチンに組み込んだ形で購入すると、長期保証がついている場合があります。こういった保証が必要だと考える場合はその部分の金額を考慮して判断する必要があります。ものによりますが、1−2年はメーカー保証があるため、これで十分ではないかと私は判断しています。
  • 初期不良の対応:初期不良の対応は、製品到着後7日程度のものが多かったです。そのため、工事日より早く調達しすぎると、初期不良があったときに対応してもらえなくなります。工事工程を確認しながら、初期不良が確認できる日の数日前に到着するよう発注する必要があります。最安ではないかもしれませんが、到着日を指定して購入できるECサイトもございました。昨今では、在庫があれば発注後速やかに数日で到着しますのであまり焦って発注しなくても良いということだと思います。システムキッチンの納入日が決まってからの発注で良いでしょう。
  • ガス種の選択に注意:ガスコンロは、都市ガスかプロパンガスかによって型番が異なるため、誤って選択しないよう注意しましょう。値段の違いはほとんどありません。

実際に発注するときは、価格コムので価格の最安ラインを見ながら、ポイント還元率の高い楽天で、到着日指定ができる店舗で購入しました。0,5がつく日はポイントアップするのでここを狙って購入です。

楽天といっても多数店舗があるわけですが、1週間以内の初期不良対応と到着日指定が可能なことから「住の森」を僕は使いました。

スクロールしてページ下部の「LINEアイコン」をクリックすると新規投稿をラインでお知らせする設定ができます。メアドを入力して登録を押すと「メルマガ登録」もできます。有益な記事書けるよう努めます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました